cheerful*tearful

瑠璃の日常と欠片でできている日記のようなもの。

Article

November 03, 2010

旧古河庭園のバラ

えーと。STF135mm を買ったので、せっかくなので足を延ばしてバラ園のある旧古河庭園に行ってきました。またレンズ買ったのか、と自分でツッコミたくなるほど買っているのでいい加減ヤバイです。

と、その前に、プロテクタをまだ買っていなかったので、とりあえず 70300G あたりのが同じサイズだった気がするのでそれをつけていけばいいや~と思っていたら、70300G のフィルタ径は 62mm で STF は72mm だったのでした。2 しか合ってない。ならばついでにマウントアダプタも買うことにして、ボディは NEX-5 と α-7 をチョイス。最初は α300 だけのつもりだったのですが、前回 500Ref の試し撮りでセンサーにホコリがついていた?のを思い出し、クリーニングする暇がなかったのでやめました。

朝起きられなくてのんびり出かけ、途中ヨドバシカメラで買い物したりしたので、現地に着いたのは 15時過ぎでした。陽は傾きかけて日陰の方が多いです。あぁ、もったいない。時間もないのでフィルムで撮るのは諦めて、NEX-5 オンリーで撮りました。

DSC00653

DSC00665

やっぱり、ボケ方が普通のレンズと全然違いますね。 STF というのは Smooth Transfar Focus の略で、特殊な絞りを持つレンズです。詳しい原理は スムース・トランスファー・フォーカス - Wikipedia あたりを見てください。普通のレンズとのボケ味の違いは セミナーレポート | 第1弾 STFレンズ編 | プロカメラマン桃井一至が語る αレンズの赤いバラの作例あたりがわかりやすいかと。

ちなみに、NEX-5 の MFアシストが使いやすいかと思ってこのボディを選んだというのもあるのですが、135mm という望遠レンズのせいか、MFアシストで拡大すると液晶モニタ内で固定するのが難しいです。筋力つけろってことかもしれませんが。なので、結局拡大せずにそのままピントを合わせる方がやりやすかったです。ただ、まぁ、α900 が欲しくなるレンズですね(笑

最後に、「秋のバラフェスティバル」は終わってしまいましたが、旧古河庭園のバラはもうしばらく楽しめそうですよ。

SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28
SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28
  • ASIN: B000G77Z0A
  • [エレクトロニクス]
  • ソニー
Amazon.co.jp で詳細を見る
Comment(s)
453 : BlogPetのしろくろ : 2010/11/05 15:20

きょうは、モニタされた!

コメントの投稿

HTML タグは使用できません。

コメント投稿フォーム

情報を登録しますか ? (「いいえ」にチェックして「確認」すると、本文以外の内容が消えます。)

トラックバック送信

トラックバック送信用のフォームです。このフォームを使うことにより、トラックバック機能を実装していない環境の方でも cheerful*tearful の記事に対してトラックバックを送ることができます。

トラックバック機能を実装している環境の方は、このフォームを使わなくても、あてに ping を送信することでこの記事に対してトラックバックを行うことができます。

トラックバック送信フォーム

:

:

:

: