cheerful*tearful

瑠璃の日常と欠片でできている日記のようなもの。

Article

February 13, 2013

インフルエンザになった

先週、生まれて初めてインフルエンザに罹りました。

水曜の朝はまだ「ちょっと喉が痛いかな?」くらいで大したことなかったのですが、出勤して仕事を始めたら異様なくしゃみと鼻水が。週末の三連休にいろいろ予定があったので、もし風邪ならさっさと治してしまいたいと思って、午後休にしてそのままかかりつけの病院に行って薬をもらいました。このときは症状を申告して、熱も測らず特に検査もせず。ちなみに「今朝は熱はなくて今も上がってる感じはしないです」と申告してました。

帰宅してすぐ蒲団に横になっていて夕飯の時だけ起きたのですが、あっという間に発熱してきたもよう。食後すぐは良くないと思いつつ体温を測ったら、37.5℃でした。インフルエンザ発症にしては低いんですけど、私は普通の風邪ではほとんど発熱しない体質なので、自分の中ではかなり重症な部類です。もしインフルエンザなら家族への対応も考慮しなければならないので、すぐに夜間救急に行って検査してもらうか迷いましたが、そこは慌てず騒がずとりあえずネットで情報収集。熱が上がってすぐならそれほど慌てなくても良いようです。タミフルなどの抗インフルエンザ薬は時間が経ってから飲んでも効かないような記憶があったのでそれが気になったのですが、発症後 48時間以内なら OK らしいので、明日でも問題なさそう。それに、今夜はもう寝るだけなので、自室に籠もっていれば家族ともあまり接触しません。ということで、この日はそのまま休みました。

翌日(木曜日)、前日行ったかかりつけの病院は休診日なので、別の病院に行きました。早く検査したほうが良いと思っていたので開くのと同時くらいに行こうと考えていましたが、蒲団のなかでぐずぐずしていて、結局出かけたのは 11時くらいだったかな。発熱してから 12時間以上経っているので、検査も問題ないはず。

インフルエンザの検査って話には聞いていたけど、実際に受けると涙が出ますね(文字通り)。結果はバッチリ A型の陽性でした。これで連休の予定はパーです。トホホ。ちなみに処方されたのはタミフルでした。

ここからが本題。家族と同居していて一番怖いのが、家族に移してしまうこと。ということで、自分なりに家族に移さないように心がけたことをメモっておきます。

必要のないときは自分の部屋に籠もる
まあこれは当たり前ですね。暇を持て余していたのでテレビ(というか貯まっている録画)を見たかったけど、自分の部屋にないので諦めました。

トイレの前に手を洗う
トイレなどの共用部分は全員触る箇所がほぼ同じなので、汚れた手で触ってウィルスが移らないように、まず先に手を洗うようにしました。

タオルを共用にしない
これも当たり前と言えば当たり前かもしれませんが。洗面所やトイレのタオルは共用だったので、これを使わないようにしていました。具体的には、その日最初に手を洗った時に洗濯済みのタオルを下ろして、その日一日はずっとそれで手を拭くようにしました。タオルハンガーに掛けておくと家族が使ってしまうかもしれないので、タオルは自分の部屋に持ち込んでいました。
触った部分を除菌する
これは効果は気休めかもしれませんが……。部屋に戻る前に洗面所やトイレのスイッチ、ドアノブなど、触った箇所(そして家族も触る可能性が高い箇所)をアルコール入りのウェットティッシュで拭き取るようにしました。ケチって他の場所からウィルスを移してしまっては意味がないので、同じ面で異なる場所を拭かない様に注意しながら何枚も使って拭き取りました。

苦労の甲斐あってか、ただ運が良かったのか、家族に移すことなく待機期間を終えることができてひと安心。次にこのメモが活用される機会がないことを祈りつつ。

ちなみに、後日家族がかかりつけの病院の方にインフルエンザだったことを一応報告したのですが、先生曰く「発症してすぐだと検査しても出ないから、あの日は検査しなかった」とのことでした。

コメントの投稿

HTML タグは使用できません。

コメント投稿フォーム

情報を登録しますか ? (「いいえ」にチェックして「確認」すると、本文以外の内容が消えます。)