cheerful*tearful

瑠璃の日常と欠片でできている日記のようなもの。

Article

June 14, 2007

おサイフケータイの中身

ジュンたそが面白そうなことを書いていたので真似してみる。私の携帯に入っている Felica アプリは以下の通りです。

電子マネー「Edy(エディ)」

ビットワレットが運営するプリペイド型電子マネー。 ANA との関係が深いということもあって、おサイフケータイにする前からカードタイプのを利用していました。カードタイプの Edy にクレジットカードからチャージするには、PaSoRi を使ってオンライン認証する必要があるので自宅にいる時しかチャージできませんでしたが、おサイフケータイなら単体でどこでも(それこそお店のレジ前でも)チャージできるのでとっても便利。パケット代とか気にしたら負けです。

モバイルAMCアプリ

ANA MILEAGE CLUB の会員機能を携帯で利用できるアプリ。これを入れると Skipサービスを携帯で利用できるけど、 Skip サービスが始まってからほとんど乗っていないので、 Edy 利用分のマイルを積算するために入れているようなもの。

モバイルSuica

JR東日本 のプリペイド型乗車カード兼電子マネー。通勤定期を持っていない私には、既になくてはならないものになっています。 通勤に JR 使っていないのに! カードタイプの Suica は基本的に『駅で』『現金でチャージ』しかできませんが、モバイルSuica なら『どこでも』『カードからチャージ』できるのがいいですね。買い物にも使うといくら使っているのかわかりにくくなるのが玉に瑕。

QUICPay

ポストペイ型の決済サービス。対応したクレジットカードを持っていないと利用できない。元々持っていたカードが対応していたので申し込んだのはいいけれど、私の行動範囲内で導入されているお店がほとんどないので、今の携帯にしてからはまだ 1度も使っていない。前の携帯の時と、カードタイプのは 1度ずつ使ったんだけど……。

ケータイクレジット「iD」

三井住友カードと NTT DoCoMo が運営するポストペイ型の決済サービス。対応クレジットカードを持っていて、かつ、 DoCoMo のおサイフケータイを持っていないと使えないというシロモノ(最近はカード一体型のも出ていますが)。「現金以外には iD しか使えない」というお店はほとんどないので使っていなかったんだけど、カードで直接払うと傷だらけになりそうなので最近申し込みました。(何

ヨドバシポイントカード

ヨドバシカメラのゴールドポイントカード機能を利用できるアプリ。利用するには、店舗で手続きが必要。見たいときにいつでもポイント残高を照会できるのがメリットでしょうか。レジで読み取る時はちょっと反応が遅いので、他の Felica サービスのようにリーダからすぐ離すとエラー率高し。

余談ですが、ヨドバシでの買い物は Edy で払うことが多いのですが、 Edy に対応しているレジが少なくて(1フロアに 1箇所とか)、「Edy で」と言うとフロア内引き回しという羞恥プレイも楽しめます。

ビックポイント付きケータイ

ビックカメラのポイントカード機能を携帯で利用できるアプリ。こちらも利用するには店舗で手続きが必要。残高もいつでも照会できます。強いていうならヨドバシ派だったのですが、ビックの方が地理的に便利なのでポイントカードを作りました。支払いはもっぱらモバイルSuicaですが、売り場によってはポイント用の Felica リーダと Suica のリーダの両方に対応しているレジが少ないこともあります。ヨドバシのより読み取りは早い印象。

ジュンたそも書いているけど、これだけどっぷり利用していると、携帯を変える時も Felica 必須となってしまい、他がどんなに良くても Felica がないというだけで選択肢から外れてしまいます。ソニーとか DoCoMo のいいカモなんだろうなぁ。

あと、リアルお財布からはカードが減りましたが、おサイフケータイを使うと一応明細を持って帰るようにしているので、すぐレシートで財布がパンパンになりますよ。毎日帰宅したらレシートを出して家計簿つけたほうがいい、っていうことでしょうね。

コメントの投稿

HTML タグは使用できません。

コメント投稿フォーム

情報を登録しますか ? (「いいえ」にチェックして「確認」すると、本文以外の内容が消えます。)

トラックバック送信

トラックバック送信用のフォームです。このフォームを使うことにより、トラックバック機能を実装していない環境の方でも cheerful*tearful の記事に対してトラックバックを送ることができます。

トラックバック機能を実装している環境の方は、このフォームを使わなくても、あてに ping を送信することでこの記事に対してトラックバックを行うことができます。

トラックバック送信フォーム

:

:

:

: